• ブログ担当 手塚奈々恵

亜細亜戦結果報告✨

皆さんこんにちは🏈



先日、10月16日に行われましたリーグ戦初戦亜細亜大学戦の振り返り、結果をお知らせ致します。




ICU vs 亜細亜大学

1Q 17-0

2Q 0-3

3Q 7-0

4Q 3-0

計 27-3





おなじみアミノバイタルフィールドで12時に開始された試合でしたが、開始当初は小雨に見舞われるなどどうなることかと思いました。しかし、出だし、第1クオーターはICUの勢いに乗った猛攻続きでした。


3年 #11 北崎をキッカーとしたKCにより試合開始、ICUのディフェンスから始まったと思いきや、開始早々亜細亜のロングパスを2年 #8 田崎がインターセプトし、25ydの独走でTD。その後も4年#51 DL高森、4年#55 DL宮崎らを中心としたディフェンスの強タックルにより、相手のファーストダウンを許しません。次のICUオフェンスでは、4年#7 WR西澤による安定したパスキャッチによりファーストダウン獲得。さらに、4年 #33 RB 松島による的確かつ力強いランによりTD。3年 #11 北崎のTFPによって確実に追加点を得てきました。


1Qも残り2分をきったところで、3年 #11 北崎がFGを成功させ、17−0で1Q終了です。


続く第2クオーターでは、ICU側のペナルティが目立ったこともあり、ファーストダウン獲得を許してしまうなど苦戦しました。そして開始2分で亜細亜のFG成功により17−3で2Qが終了しました。



第3クオーターでは、早くもファーストダウンを獲得するとともに、開始3分、2年#17 WR小西によるロングパス(24yd)のキャッチ、独走によるTDを決め、1年 #13 渋川による初のキックで追加点。その後も相手にフレッシュを許さないディフェンスが続き、24−3で3Qが終了しました。


迎える第4クオーターでもICUの猛攻は続きます。パスやランでのゲインはもちろん、OLの強力な支えによりファーストダウンを2度更新、亜細亜の攻撃を受けぬまま、この試合ラストシリーズへ持ち込みます。


最後は 1年 #13 渋川によるFGの成功により、コールド勝ち。27−3で、試合終了となりました。



コロナウイルスの影響により合同練習もほとんどなく、練習時間の制限もある中で迎えたシーズン初戦でしたが、無事勝利という形で収められました。

反則が目立ったものの、フレッシュのチャンスを逃すことなく、また、ディフェンスは完封を達成できたことはチームの自信に繋がったのではないでしょうか。

(2年記録委員 長行司梨花の記録をもとにしています。りかありがとう❤️)





次回、第2節は10月30日、同じくアミノバイタルフィールドで首都大学を迎え撃ちます。2週間という短い準備期間の中、精一杯練習をし余裕のある勝利を目指すので、引き続き応援の方をよろしくお願い致します🙇‍♀️



なお、次戦から有観客での試合となります。チケット情報などは後ほどお知らせいたしますので、お時間のある方は是非見にきて下さい🏈










写真©︎三澤製作所

閲覧数:274回0件のコメント

最新記事

すべて表示